ハリ肌チークの入れ方を工夫することで、立体感をつくることができます。ベースを塗ったあと、ファンデーションを塗ります。そして、笑った時に一番ふくらみがでる部分を中心として、頬骨に向かって円を描くようにチークを塗っていきます。
いちご
このとき、丸くのせていくことがコツです。顔の正面からみて対照的に一番ふくらみがでる部位に濃くのせ、頬骨に向かっては斜め上にスーっとブラシを使って太い線をひくようなイメージで行います。頬へブラシをのせるときは、何度ものせずに、一度か二度ほどで終了させることもポイントです。

こうすることで、自然で立体感のある仕上がりになります。チークの色が数種類ある方は、ブラウン系の色みを頬骨に、ピンク系の色を頬のふくらみが一番出る部位に塗り、最後にハケでなじませることでより自然な仕上がりになります。

パール系のものが入っているチークを使用すると、光の加減でさらに立体的に魅せることができます。同時に鼻筋と、目の下にホワイト系の色をひとなでハケで塗ることで、ハイライト効果と相乗効果で美しい仕上がりになります。塗り終わったらティッシュを広げてやさしく顔に押し当てます。ティッシュオフをすることで、もちが良くなります。