女性はいくつになっても若く見られていたいと願うもので、そのためにスキンケアを頑張ったり、メイクを研究したりといった努力を行います。

メイクアップは自分の肌悩みやコンプレックスをうまくカバーしてくれるため、女性にとっては身だしなみというよりも、自分に自信をつけさせてくれる鎧のような働きを担っているものです。

しかしそのメイクも、自分の年代に合ったものでないと、魅力的に見せるどころか若作りをしているように見え、かえって見た目年齢を引き上げてしまっていることも多いのです。

メイクはTPOもさることながら、独りよがりにならないで、自分に合ったカラーや使い方をしなければ、まったくの逆効果になってしまうということも頭に入れておきましょう。年を取ると、どうしても肌悩みは次々と現れ、フェイスラインもすっきりせず、もたついた印象を与えてしまいがちです。そんな場合はチークを入れると、視覚効果で頬が引きあがって見えるので、ぜひ取り入れてみましょう。

チークは顔色も良く見えるため若い女性にもおすすめですが、ピンク系は比較的若くやわらかなイメージに、オークル系は大人のきりっとした印象に仕上げてくれます。また笑った時に盛り上がる頬骨に沿っていれると、たるみが解消されて見えます。