“パーティーチークの入れ方のコツは、パールを使用したものを使うことです。パーティー会場の照明との関係で、パールを使用したものを使うと、立体感のある仕上がりに魅せることができるからです。

パーティーメイクではアイメイクを濃くしている場合があります。その時に、チークのカラーを濃く入れてしまいすぎると、メイク自体が濃く見えるようになってしまい、品がなくなる可能性があります。

アイメイクとのバランスを考えて、チークの色を選ぶことをおすすめします。ピンクが強いカラーや、オレンジのカラーが強いチークは、かえってアイメークのジャマをしてしまう可能性がありますので、カラーよりも、質感を大切に選ぶとよいでしょう。その際にポイントとなってくるのがパール感です。

カラーは薄くても、キラキラと光る要素があることで、より顔全体を美しく演出することができます。ハイライトやシャドーとのバランスを見て、頬骨のところが高く見えるようにすることで、立体感を演出することができます。照明が暗い場合でも、華やかな印象を与えることができるので、おすすめです。大人っぽくきめたい場合は、ヌーディーカラーのブラウン系のものを選ぶと良いでしょう。