あなたは、どのような基準で化粧品を選んでいますか?値段の安さ、パッケージの美しさやイメージキャラクターの芸能人の好感度などで選んではいないでしょうか。

確かに、美しくデザインされたケースは魅力的ですし、メイクをするときのモチベーションも上げてくれます。しかし、忘れていはいけないのが化粧品の品質です。もしかするとその中には、色素沈着を起こす可能性のあるものや皮膚呼吸を妨げてしまう成分が含まれているかもしれないのです。

代表的な成分が、パラベンという保存料や鉱物油、タール色素などです。品質の持ちを良くするため、メイクの持ちを良くするため、また発色を良く見せるためなどに使用されます。

その時の使用感は非常に良く演出してくれますが、にきびやポツポツ毛穴の原因となってしまいます。特にタール色素は色素沈着の原因をもたらし、数年後には非常にやっかいなシミになってしまう可能性があります。

化粧品による皮膚トラブルを避けるためには、きちんと成分を確認することが大切です。お肌に悪いとされている成分については、無配合と表示のある商品も多数ありますので比較的選びやすいでしょう。5年後10年後のお肌のために、今できることから始めてみませんか。